CBS「Late Late Show」

Craig Kilbornがホストを務める深夜のトーク番組、「LateLateShow」に、アカデミー授賞式翌日のビリーがゲストとして出演しました。
登場前の紹介映像として、RotKでのメリーとピピンのシーンが流れます。
パランティアを覗いてしまったピピンに、「なんであんなことしたんだよ。」ってメリーが怒るシーン。
続いてCraigの紹介でビリー登場!
この日のビリーは黒のシャツに黒のジャケット、ブルーのジーンズ姿でした。
登場前から会場は黄色い喚声がとびまくり。
ビリー、アメリカでも人気あるのね、、とちょっと嬉しかったり。
ちっとも収まらない喚声を鎮めようとするCraigの目を盗んでさらにお客さんを煽るビリー。かわいい〜。
まずは昨晩のアカデミーについて。
「昨日のアカデミー授賞式で一番良かった瞬間は?」と聞かれて
「席についたらすぐ、5席くらい向こうに(歌手の)プリンスが座ってたんだよ!
その瞬間から彼の歌が頭をぐるぐる回ってた。僕は彼の歌と一緒に大きくなったからね。」
「憧れの有名人」とすぐ側にいることができたことがすっごく嬉しかったみたい。ファンにとってはビリーもそんな人なのよう。
式典のあとはパーティーに出席。
「僕は早く行きすぎちゃってね。気付いたときにはもう4時で、すっかり酔っ払ってたよ。」
パーティーは、いわゆるセレブ達の出席するNewLinePartyと、そのあとにファンとのパーティーもあったとか。
「ファンたちとはロープで仕切られてたりしないで、タッチしたりとかできちゃったの?」と聞かれて
「ステージがあった。タッチはともかく、、キスはできなかったよ(笑)。」そ〜んな間近で触れ合っちゃったのね、、羨ましすぎだあ。
話し変ってビリーのこれまでについて。
「君の出身はどこだっけ?」
「スコットランド。」
ここで何故か大歓声。
でも確かにビリーって、「ロス出身」とか「NY出身」っていうより、「スコットランド」っていう出身地がまた彼のイメージとぴったりで魅力的なんだよね。
「学校のカウンセラーと将来のことについて話をした?」
「学校のガイダンスミーティングがあったよ。」
ここでビリーの「ガイダンス」の発音が「ゲイダンス(!)」に聞こえるとかって笑われる。
ネタにされても「直してくれてありがとう。」と大笑いのビリー。
カウンセラーに「アクターになりたい」と言ったときは、「そんな話は前代未聞だ。別の将来を考えろ」って言われたんだって。
「僕はworking classの生徒だったからね。」
ビリーは早くに両親を亡くして苦労したんだよね。
「アクターになりたいと思った一番の影響は何?」
「スターウオーズかな。スターウオーズのジェダイになりたかったんだよ(笑)。ジェダイになるには、アクターになるしかないでしょ?」
「実際にアクターになってみてどう?」
「食べ物もタダだし洋服もタダだし、すごくいいね(笑)。」
スコットランドに住んでいるビリー。「ロスはどう?」と聞かれて。
「すごくいい。いつでもみんなが映画の話をしてる。」
「行く先々で『僕はロードオブザリングに出てたんだよ。』って自慢しなきゃね。」ってCraigに言われてまた大うけ。
「有名になったことで、スコットランドでの立場も変った?」
「たくさんの人に認識されるようになったよ。
これはスコットランドのことだけじゃなくって、例えばホリデーにメキシコの小さな村に行っても『ピピン!』って言われるんだ。」
日本でも、、って言って欲しかったなあ。
「女性たちからの認識も変ったんじゃない?」
には「わかんないな〜。僕にはガールフレンドがいるからね。」
ビリーっていつも女の子関係の話になると「僕にはガールフレンドがいるから、、」って言うよね。
すっごく大切にしてるんだろうなあ。そんな幸せな人がいるのね。
ちなみにここでもビリーの「ガールフレンド」の発音は「ガールフレンズ(複数形)」に聞こえる、とネタにされてました。
またまた「Just one!」と大笑いするビリー。
最後は「おめでとう!」とCraigと握手して終了。
この唐突な「おめでとう!」は話の流れから、アカデミー受賞のおめでとうなのか?ガールフレンドができておめでとうなのか?いまいちつかめず。
もう時間なかったのね、きっと。
トークの間は終始ビリースマイル。ほんの10分無いくらいだったけど、ビリーのあったかい気持ちがよく伝わりました。
ビリー、アカデミー受賞おめでとう!

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー